スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3年目に入りました

 久しぶりの更新です。
 あっという間に結婚3年目を迎えています^^;)
 思えば結婚式当日のDVDが見られたのも、我が家にプレーヤーがなかったため1年くらい経った後でした。
 だけど、時間がたった分、見ると新鮮さが湧いてきました。
 あー、この日のためにいろいろ準備したんだなーとか、当日はこんな雰囲気だったんだとか、新しい発見がありました。
 あえて時間をおいて当日の様子をふりかえる、コレ意外といいかもしれません。

 さて。
 結婚記念日というものに、それぞれ呼び名があるらしいです。
 私は今まで気にしたことがなかったのですが、お義母さんのメールで1周年の日に
 『紙婚式おめでとうー』
 と送られてきて
 「はて、なんのことやら?」
 と思ったのが始まりでした。
 で、調べてみたら、毎年ちゃーんと呼び名がついているんですね。
 それによると、二年目は『綿婚式』、三年目は『革婚式』らしいです。
 う~ん、年々グレードアップしている印象です。
 結婚てきっと、年を重ねるごとにグレードアップしていくものなのでしょうね。
 私たちは3年目なので、革、です。
 厚みが出てきたところもあるし、ちょっとやそっとでは切れない丈夫さもある、というところでしょうか。
 ますますこれからがんばらなければ、と思いました~。

 にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚・ブライダルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

生まれました

 といっても私たちのところではなく、彼の妹さんのところですが^^;)
 妹さんのところは、私たちよりもちょうど1年くらい前に結婚しました。
 これまでに流産を2回体験しており、タイヘンだなあ、早くできるといいなあと思っていました。
 そして念願の誕生。
 こーれは見に行くしかないでしょう。
 ワクワクしながら二人で向かいました。

 会ったのは、誕生してから2週間ほどの時。
 思ったよりも小さくて、だけどもいっしょうけんめいおっきな目を開けていました。
 だっこさせてもらいましたが、首がすわっていないですし、ちょっとこわごわながらでした。
 そしたらおとなしくて、あー、泣かれないでよかったぁなんて思ったりしました。
 それから、沐浴をするというので見学させてもらいました。
 妹さんは片手で赤ちゃんを抱えながら、もう片方の手でボディーソープを出したり、やさしく洗ってあげたりとすっかり慣れた様子でした。
 ん~、もうしっかり母親なんですね。
 改めて、子どもを育てていくことの大変さというか、素晴らしさを感じました。

 ところで私たちのところはというと、今のところ二人での生活を満喫中です。
 そろそろいいかな~なんて思ったりもしますが、ヘンに気負わず、自然におまかせしています。
 ま、のんきなコトを言っているとだんだん厳しくなってくるところでもありますが・・・。
 親になる、という自覚もしっかり持たないといけないですしね。
 自覚なんて、できれば芽生えてくるよなどと言われることもありますが、しっかりした母親ぶりを見て私にもできるかなぁと若干心配にもなってしまいました。
 だけども、子どもってイイ!
 それだけは確信が持てましたー。

 にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚・ブライダルへ
にほんブログ村

お泊りで年越し

 大晦日に、彼の実家にお泊りに行きました。
 去年(結婚後初めての年越し)は大晦日に行って家に戻り、再び元旦に行ったので初めてのお泊りでした。
 緊張するな~と思いながら向かったのですが、これがなかなかにおもしろかったです。
 実家のすぐ近くには妹夫婦が住んでいて、ちょくちょく集合しては一緒にゴハンを食べたりするので、今回ももちろん参加。
 さっそく夕食の準備にとりかかりました。

 メニューは年越しなのでおそばと、自家栽培の野菜を使った鍋でした。
 鍋にはぎょうざが入る予定のようでしたが、途中で単品で食べたいとなり、とにかくひたすら具を詰め詰め。
 ぎょうざを焼き、鍋にひたすら野菜を投入し、すかさずおそばを茹で、おつゆを作り・・・と、めまぐるしく作業が進んでいきました。
 キッチンを使うのは未だになんだか遠慮がちになってしまいますが、おかあさんがいろいろとお手伝いさせてくれるのでかえってありがたいです。
 なにもやることがなくてぼーっとしているのも気がひけますから。
 で、めでたく準備が整い。
 無事に大晦日を過ごすことができました。

 その後はテレビを観たり、近くの神社の様子を見に行ったりしたので寝たのは12時前くらい。
 翌日は7時に目が覚めました。
 でも、おかあさんがまだ起きてこない様子だったので、なんとなく動きがあるまで待っててみました。
 そして始まりました、おせちの準備。
 おせちというと、地域性みたいなものがあるのかなーと思っていたところ。
 地域性、というよりは家特製といったカンジでした。
 下ごしらえはほとんどできていたので、私の仕事は重箱に詰めるのが主でした。
 それにしてもこの品数。
 数の子や伊達巻といった定番から、唐揚げやらサーモン巻きやら杏仁豆腐といった具合にすんごくバラエティ豊かでした。
 もう、見ているだけでおなかいっぱいです。
 さらには当然のごとくお雑煮も。
 正月早々、ありとあらゆる料理を堪能してしまいました。

 そして、近くの神社に初詣に行って解散、となったわけですが。
 帰り道中で彼が言いました。
 「毛布のカバー、新品だったなぁ。今まで見たことないやつだったから。きっと、さとりんが泊まるから準備したんだよ」
 あれぇ。
 確かに新しめだなあとは思ったのですが、まさかわざわざご購入したものだったとは。
 いたれりつくせりされっぱなしの年越しとなったわけです。
 ありがたやー。
 これからも張り切ってお返ししていかなきゃなーと思いました。

 にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚・ブライダルへ
にほんブログ村

長~く伸びました

 うちにはとある植物がいます。
 それはバニラなんですが、いただいたものです。
 プレフォト及び挙式・披露宴当日にブーケ・ブートニア・ヘアードの製作をお願いしたお花屋さんに、写真をプリントアウトして持っていったらところ、
 「よく撮れているねー。天気もよくて良かったねー」
 と大好評を博し、
 「見せてくれてありがとう。コレよかったら持っていって」
 って、奥から出してきてくださったんです。
 なんでも入荷したばかりだったそうで、
 「いいんですか!?」
 さすがに遠慮がちになったものです。
 だけど、せっかく来てくれたんだからということで、ありがたくいただいてきました。
 普段の世話はとにかく水を切らさないこと。
 あとはなるべくあたたかいところに置いておけば大丈夫とのことでした。
 で、その通りにしていたら、なーんと。
 伸びに伸びまくり。
 いまだに成長を続けています。
 それがこちら。

バニラ1 バニラ2 バニラ3

 わかりにくいかもしれませんが、まっすぐではありません。
 途中でぐるぐる巻きにしてあってこの状態なんです。
 全長にしたら、5メートルはいってるんじゃないでしょうかねー。
 もともとは、二枚目で拡大してありますが、真ん中にある添え木の長さだったんですよ。
 それがすくすく育ち、新しい添え木になるものと、鉢もおっきめなやつを買ってきて植え替えても間に合わなくなってきています。
 バニラといえば、バニラビーンズが取れる!?と期待もしました。
 確かにところどころに白く長いモノが見えています。
 だけども、残念なことに受粉をしないといけないようで。
 普段ずっと室内に置いているので、受粉の機会はないまま、成長を続けています。
 それにしても元気。
 結婚と同時にやってきたバニラなので、この子のように私たちも日々成長していかないとなぁ、と見習っている今日このごろです。

 にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚・ブライダルへ
にほんブログ村

結婚・披露宴のDVDを見ました

 つい先日のことです。
 やぁーーーっと、結婚・披露宴のDVDを見ることができました。
 結婚式から1年半経ってようやくです。
 理由は・・・
 ウチにはDVDプレーヤーがなかったんです!
 単純。
 これまでいろいろな場所へプレーヤーを見には行っていたのですが。
 なかなかコレ!というものにめぐり合えず、気づいたらこーんなに時間が経ってしまいました。
 そりゃもう、ワクワクしてセットしましたね。

 私たちは、挙式の様子を『エピローグ』という演出で静止画にて編集していただきました。
 それは当日いただけたので、その日のうちにホテルで見ることができたんです。
 しかし、オール動画の映像はこれが初見。
 どんな感じになっているのか、はたまた時間がだいぶあいただけに記憶も若干薄れてきていたので、そもそもどんな流れだったのか。
 かえって新鮮な気持ちで見ることができました。
 
 して、その中身は。
 三脚とハンディの計2台で撮影していただいたのですが、場面によってうまくアングルが入れ替わっており、当たり前ですが「プロってすごい~」と思わず感心してしまいました。
 当日は自分達のことで精一杯でしたから、ゲストたちの表情をうかがえる余裕はあまりなかったんです。
 それが、こうやって映像で残せるといつでも見られる。
 お願いしてよかったな~と心から思いました。
 それに、ゲストが楽しんでくれているかもそうですが、何より自分達がどう動いていたかも客観的に見られますし。
 あれ、意外とココはあわててたなとか、コレは我ながらいい表情してるじゃん、など。
 ゲストのスピーチの時や余興の時などは、画面の下のほうにちっちゃーくメインテーブルの私たちの様子も出ており、まるで実況放送のような仕上がりになっていました。
 ただ一つ気になったのは。
 披露宴後半に私がひたすらお料理を食べまくっていたことがバッチリ映っていまして。
 介添えさんの心配りで「今なら食べても大丈夫です、ぜひ召し上がって」とすすめられたのもあったのですけど、こうやって後で見てみると、すんごい食べてるなー^^;
 まあ、それだけおいしかったということで良しとしますか。

 あと、私たちが退場した後に、会場ではエピローグが流れたのですが。
 私たちは扉の外でおみやげを用意してスタンバイしていたので、その時のゲストの反応もすごく気になっていました。
 さあお開き、となった瞬間流れるエピローグ。
 こーれはサプライズでしょう。
 実際、みなさんスクリーンにクギ付けになっていました。
 よかったー、大成功でした。
 なんだか改めてホッとしました。

 1年半というのは少したちすぎかもしれませんが。
 今回だけといわず、たまにはDVDを見て当日の気持ちを思い起こしたいものです。
 これからも2人で一緒に過ごしていくという、当たり前になりつつある状況に感謝するためにも・・・。

 にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚・ブライダルへ
にほんブログ村
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。