スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映像&写真のこと

 次なる宿題は映像と写真です。
 映像演出、と一言でいってもその中身はまたたくさんでした。
 私たちは、当日の写真についてはそれぞれ一人づつお願いもしましたが、
そのほかやっぱりプロによる映像を残したい!と考えていました。
 デジカメや携帯もあり、気軽に撮れる写真はたくさんできるでしょうが、
やはりせっかくなので全体をまるごと撮っておいてもらって、あとでじっくり見たり
好きな場面をプリントアウトしたりして楽しみたいという思いがあったんです。
 そこでこんな選択肢が・・・

 ①三脚カメラで撮影
 ②三脚にハンディを追加
 ③挙式・披露宴それぞれ変える

 三脚で撮影してもらう他にハンディがあれば、全体の流れプラスちょっとした一人ひとりの表情も残すことができます。
 また、③については構成も考えて決めるといいのではないでしょうか。

 エピローグで挙式の静止画を流したい、そして
みなさんがどんな表情で披露宴を楽しんでくれるか
さらにはどんな感じでエピローグを見てくれるかあとで確かめたい!ということで、
挙式はカメラ1台、披露宴は三脚とハンディのダブル使いにすることになりました。
 特にエピローグが流れるのは新郎新婦退場後ですから、私たちはその場にいないため見られないんです。
 さぁてどうだったかな~と全部終わってから見ることになる訳で、楽しみが増えましたね。
 エピローグだけではなく、プロローグやその他映像演出の種類はいろいろあり、例えば二人のエピソード紹介で写真を流してもらったり、特定の場面を中継してもらったり(大人数の場合ですね)とアレンジ自由な分野だなあと思いました。

 写真については、スタジオで撮るものや、アルバムの紹介がありました。
 これまた記念ですから、写真もぜひ!と思いました。
 で、問題は背景です。
 スタジオか、会場のどこかにするか。
 風景入りもいいんじゃないかと思いましたが、せっかくなので照明や衣裳の映え具合など計算しつくしてくれそうなスタジオにしました。
 また、撮影は当日ではなく前もって行うプレフォトというものがあるということで、当日だとバタバタしてじっくり撮れないようなのでお願いすることにしました。
 和装、洋装それぞれ撮り、真ん中に当日親族も含めて撮影するものを入れ、三面見開きをチョイスして完了です。

 アルバムは見本を見せていただき、シンプルなものから重ね合わせたりしてまるで写真集仕立てになっているものまでこれまたたくさんありました。けど、映像があるのでその上アルバムもとなったらよくばりかな?ということで見送りとなりました。映像とはまた違うカタチで記念に残るものとは思いますが、あとは予算とも相談して良ければ、ですかね。

 ところで、後日プレフォトを行ったのですが、その時カメラマンさんがすごくイキイキと立ち位置やポーズなどを考えてくださったのがすごくありがたかったです。
 で、あー写真って意外とおもしろいんだなあってことを感じました。
 当日だけじゃない、準備段階やリハーサルでも楽しむことって大切なんだってことを教えてもらった気がしてホント良かったです。
 職人魂(?)恐るべし、ですね。(^_^)

 にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚までの道のりへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚・ブライダルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。