スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当日―披露宴前編

 集合写真撮影が終わり。
 披露宴会場へと移動しました。
 入口に到着して、「あー、この扉の先にみなさんいらっしゃるんだなー」と思うと少し緊張してきました。
 式ではさほど緊張しなかったのですが、披露宴ともなると、親戚はじめいろんな人が待っている訳で、どんな反応になるのかとても気になってきます。
 そんな心境でいたところ。
 突如、「キャプテン」なる人が登場。
 えーと、どちらさまですか?
 緊張あり、周りのざわつきありであまり落ち着いて説明を聞けませんでしたが、どうやら「会場責任者」とのこと。
 なーるほどー
 進行は司会者さんがやってくれますが、私たちの誘導などをしてくれる人も必要なんですね。
 キャプテンのリードで動いていくわけですねぇ。
 これで、少し安心しました。
 
 そして早速、入場の音楽がかかり、「ココ!」というタイミングで扉が開きました。
 でも、中は思ったより暗くて、自分たちにスポットが当たっているのでなんだか歩きにくい!
 さらには打ち掛けなので思うように足が動かない!
 ちょっとあせり気味になりましたが、そこでも介添えさんが手腕を発揮してくれてさりげなく裾を持ってくれました。
 キャプテンと介添えさんという味方(?)が二人もついている、と妙な納得をして少しずつ歩いていきます。
 だんだんと暗がりにも慣れてきて、ゲストの表情も見えてきました。
 あー、みんないるー、笑顔で拍手してくれてる!
 だいぶ安心してきて、緊張もほぐれてきました。
 音楽も、あれだけ四苦八苦して打ち合わせた通りに流れています。
 きっと音響担当さんも見守ってくれている!と思うともっと胸を張って歩かなきゃ、と思いました。
 しかし、それも打ち掛けなので気持ち上だけだったかもしれませんが。
 でも、いいんです。
  
 メインテーブルに到着し、司会者さんの姿も確認できました。
 進行表に沿って、プログラムの始まりです。
 新郎よりウエルカムスピーチ、司会者より二人の紹介がされました。
 それから来賓挨拶、親族挨拶。
 そして、シャンパンタワーと続きます。
 シャンパンタワーの際、私は腕が上がりづらいので新郎の腕に手を添える形にしました。
 シャンパンが注がれると、ライトに当たってすごくキラキラになりました。
 あー、ケーキカットよりもこっちでよかったーって思いました。
 で、いよいよ乾杯。
 まずは、ひと段落です。

 食事がスタートして少ししてから、結婚指輪の紹介を入れました。
 大きなスクリーンがあるので、そこに写真を映してもらい、どのように作ったかを司会者さんから話してもらいます。
 食事が始まってしばらくは静かなんじゃないかなあと想像していたので、このタイミングに入れたのですが、こればっかりはどうも誤算でした(-_-;)
 静かどころか「待ってました!!」とばかりにみなさん飲む、しゃべる、食べる!
 お色直し退場のあたりで入れた方がよかったかも・・・と後で思いました。
 ま、流れとしては順調だからいっか、ということにしました。

 メインテーブルから会場を見渡すと、宿題の成果があちこちに表れていました。
 テーブルクロスの色、装花、ビデオ撮影の方があちこち行き来してくれていることなど、自分たちで選んだことが
今日この場ですべてつながりました。
 
 ゲストが楽しんでくれているかももちろん気になりポイントではありましたが、これまで二人でがんばってきた宿題の集大成を目の前にしたことがなにより嬉しかったです。
 で、「なかなかの出来栄えになったぁ」と申し分ない気持ちに。
 妥協しないでよかった、とことん相談してこだわるところは貫いて、最高のオリジナルができたんだ、って心から思いました。
 
 では、少しですがその成果です。


 披露宴3   披露宴1   

 披露宴2


 さあ、これだけではありませんよ。
 お色直しの後も、プログラムがもりだくさんです!!

 にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚までの道のりへ
にほんブログ村
 にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚・ブライダルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。